名作RPG「クロノトリガー」の思い出