息子のためにも「すみません、それうちの子のではないですか?」と言おうと思ったら、夫に止められた。