正月の集まりで一人のじいさんが立ち上がり、長い乾杯の挨拶を始めた。