結婚に焦って見合いを繰り返していた女友達。 遂に「もうこの人で良いや」と手を打とうとしていたのだけど、「どうせ妥協するなら私で良いだろ」と、割り込んだ。