自分の調子を確認するために、ネチョネチョの二の腕を俺の肌の露出部にくっつけてくる。