俺「ハイハイハイ!しゅーりょーーおつかれさーん!」と手を叩きながら部屋へ入ると二人共目が点でした。