母「もしもし、あ!いつも息子がお世話になっております!はい・・・はい・・・えっ」チラッ