「犬猫と私、どっちをとるわけ?」 当然私でしょう?という口ぶりに、心の中がものすごく冷えた。