【馴れ初め】小1の俺の所謂「憧れの君」的な存在だった嫁